2010年3月、虹の橋へと旅立ったビーグル犬『ケン』のお話し
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


実は隠し子が!
2011年06月29日 (水) | 編集 |
こんばんわ。夕方5時ごろから調子が上がってくる ねねです。

こんばんわ。ご飯時の前になると調子が上がってくるケンです。




ねぇ、ケンくん。
ケンくんに隠し子がいたこと、みんなにお話ししてもいい?

えーっ、それはダメだよっ!
イメージダウンしちゃうじゃない

でもぉ、いつまでも隠し通せる話じゃないと思うなぁ。
それに、ケンくんはシッカリ子育てしてたんだしさぁ。誰も非難はしないよ、きっと。

まぁ・・・カワイイ赤ちゃんを放っておくほどボクも鬼じゃないけど・・・。

でしょ?
だからさ、この際カミングアウトしちゃおうよ!

うん、そうだね。
いつかバレちゃうより、ちゃんと自分からお話した方がいいね!







うふふ。みなさん、ちょっとは驚いてくれました?

もう!ねねったらヘンな言い方するんだから
みんな「ケンってそんなヤツだったの?」ってドン引きしちゃったよ


イヒヒヒヒ
先の“ケンくんの隠し子”ですが、実はこの子↓です。


  20110629_2.jpg


ぬいぐるみさんです。

何年か前のお正月に買った、わんこ用福袋に入ってましてね。
ねね家でこの子を“赤ちゃん”と名付けて、ケンに育てさせてたんです

ボクは、毎日 朝から晩まで この赤ちゃんを背中におんぶしてました。

まぁ、ケンと服の間に挟んでただけなんですけどね。
違和感ないのか? と思うほど、嫌がらずにずっと背負ってました。

実はおんぶしてることに気付いてなかったりして

やっぱり? それで時々その辺に落としっぱなしだったんだ
でも、「赤ちゃんは?」って言えば、ちゃんと持ってきたもんね。

持って行った赤ちゃんは、一体どこに行っちゃったんだろうって思ってたけど、
まさかボクの背中にいたとは


まさか気付いていなかったとは・・・


  20110629_1.jpg


それにしても、あちこちケンに噛まれまくりで赤ちゃんも痛かっただろうなぁ

ネコさんのお母さんは、子猫を咥えて移動します。

キミの場合は急所を思いっきり噛んでたでしょっ





このぬいぐるみは、今はケンの遺骨と一緒にお墓に埋葬してあります。

ひょっとしたら、「世話するの大変なんだから!」って迷惑がってるかもしれませんね





 ぬいぐるみが一緒じゃないと眠れない方はこちらをポチっと  
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 

 一人じゃないと眠れない方はこちらをポチっと  
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

ねねと一緒に寝たら潰されちゃう!



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。