2010年3月、虹の橋へと旅立ったビーグル犬『ケン』のお話し
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログを始めたきっかけ
2010年07月11日 (日) | 編集 |
こんばんわ。密かに部屋で野菜を栽培中の ねねです。
今日はケンくんが遊びに行ってて帰って来ないので、ねね一人です。

ブログを始めたきっかけでも話そうかなぁと思うのですが、長文ですので、おヒマな方だけどうぞ


まず、このブログに遊びに来て下さってる方にお詫びを。
写真がいつもキレイじゃなくてごめんなさい。

なにしろこのブログ、進行形ではないので、過去の写真ばかりです。

昔はもっぱら普通のカメラ or 携帯カメラを使ってたし、まさか自分がブログを始めるなんて思ってもみなかったんで、デジカメ写真って少なくて
しかも、出始めの頃の携帯カメラって、画像が小っちゃいんですよね。画素数30MBとか。

こんな事なら、普段からもっとデジカメ使ってれば良かった




そんな私がブログを始めたきっかけは、あるビーグル犬のブログ。
18歳という年齢まで生き倒したビーグル犬のそのブログには、病気や介護を通して、とても力強く前向きに歩み続ける飼い主さんと、ワンコの姿がありました。

ケンが旅立ってから、悲しくて苦しくて悔しくて、とても辛かった私も、このブログを読んで少しずつ心を軽くする事ができました。

そして、その頃から私の中に芽生え始めてきた決意。

ケンの事をきちんと記録に残そう。


とは言ったものの、仕事が忙しくなると残業で遅くなってムリそうだし、何から始めたら良いか分からないし、と何となくまだ動けずにいました。

そんな中での、先のブログでの一言。
「したい!という気持ちを形にしないのが一番“モッタイナイ”」

この一言で私の決意は固まりました。




実は、ここFC2さんでブログを始める前に、アセラブログさんでスタートしてました。(リンク貼り忘れてたよぉ)
「ケンの49日までに始める」と決めて、まだまだ暗いテンションでスタートしたブログです。

     興味のある方はどうぞ   
http://kennonene.a-thera.jp/

その後の約2ヵ月間で私も少しずつ前を向く事が出来るようになり、ケンの誕生日の頃からは「もっと楽しいブログを!」と考えるようになりました。
そして再スタートを決意したのです。




ですが、まだ最期については話すことができません。

もし、ケンが安らかに旅立っていたら、書くことは出来たでしょう。
ですが、病気が発覚してからの数週間、本当に最後の最後まで苦しんで逝ったケンに対し、まだまだ私の中では後悔と懺悔の念が渦巻いています。
今はまだ、必死に当時の事を思い出さないよう、心に蓋をしている状態です。

いつか、この山を乗り越える事が出来たら、ケンの最期についてきちんと形に残そうと思います。
その時は、最後まで頑張ったケンの記録を読んでやって下さい。







お?ケンくんが帰って来たようです。

ねね~、ただいま~

おかえり。楽しかった?

うん。楽しかったよ でも疲れたー

ただいま


遊び疲れたのね







応援していただけると嬉しいです


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
今日も仕事だよ、よそではLho_sanと
言ってるウッドチッパ―です。
なんじゃそりゃ
朝から選挙行ってきた、ほんまにたのまっせー
国政と県政。
『もったいない』は、滋賀県知事かたゆきこさんが元祖とか。
国連のアフリカの女性が使って、国際標準語?になった。
けんくんちょっと遊びすぎたかな、でもかわいい表情。
前から思ってた、ねねさん写真の処理う・ま・いとおもう。
構図もいい、楽しんでみているから、気楽に進んでちょうだい。
2010/07/11(日) 11:37:02 | URL | ウッドチッパ― #mjLbdPQ.[ 編集]
はじめまして。
ケンちゃん、虹の橋に行ってしまわれたんですね。
私も、昨年の12月に11歳のビーグル犬(mickey)を亡くしました。
もう、ねねさんのブログを読んでいて、本当にお気持ち、よく解ります。(涙が止まりませんよ~)
私は、まだ、PCのmickeyの写真を見る事も出来ませんし、毎日、なにを見ても何をしても、mickeyを思い出して(全てがmickeyと結びついてしまって)、泣き明かしています。
もちろん、他のわんこを触る事も出来ませんし、わんこのTVも病院もののTVも見れません。
ねねさん、本当に偉いです!!
少しずつ前進しようとしているその姿、きっと、虹の橋で、ケンちゃんは、僕のねねちゃんすごいんだぞ~ブログまで書き始めたんだぞ~って仲間に自慢している事と思いますよ~
どうぞ、無理はなさらずに、ゆっくり、ゆっくり進んでいってくださいね。
私も、少しでも見習えたら、mickeyも虹の橋で安心すると思うのですが......
楽しいケンちゃんとの思いで、楽しみにしています。
私も、たぶん同じ1ビーグル君のブログを読んでいました。(mickeyがまだ、闘病中に....)私も見習って、mickeyが18歳になるまで、元気で生活させようって誓っていたのですが、叶いませんでした。本当に、私の力不足で、mickeyをこんなに早く逝かせてしまいました。本当に、後悔と懺悔の日々です。
ごめんなさい。なんか、文章が支離滅裂で........。
こんなのを読んだら、ねねさん、よけい悲しくなりますよね。
そう、虹の橋のわんこ達に、呆れられない様に頑張りましょうね。
でも、あまり頑張り過ぎないでくださいね。


2010/07/11(日) 14:13:30 | URL | mickeyママ #-[ 編集]
おかえりぃ・・
おかえり、、ケンさん・・
いったい、何をかぶってるの・。??

ケンさんのお顔のシロは、ハートのマークだよね・・
ねねさんが、いっぱい愛した証しのハートだよね・・

最期の一瞬、一ときの時間よりも、ねねさんとの楽しいメモリィー持って、今、虹の橋の向こうにいるよね

パピねぇさんより☆
2010/07/12(月) 02:14:53 | URL | パピねぇさん #M2Qb5/AE[ 編集]
パピねぇさん 様
ケンがかぶっているのは赤いタオルケットです。
あ、E・YAZAWAとか書いてないですよ(笑)

楽しいメモリィーだけ持って行ってくれたかなぁ~。
旅立った後の顔はとても穏やかだったから、もしかしたらそうかもしれませんね。
だとしたらずごく嬉しいです。

パピねぇさん、ヘルニアなんですか?
ツライですねー(>_<)"
2010/07/12(月) 19:05:36 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
ウッドチッパー 様
お仕事お疲れ様です!

「もったいない」が国際標準語って聞いたことあります。
今、エコブームとか言われてますけど、おばあちゃんとかにしたら、ごく当たり前の事なんですよね。

ケンは普段、私達が残したご飯を「もったいない」と言って食べてました。
場合によっては善し悪しですね(笑)

写真の処理、上手くなくていつも悩みまくりなんですよ。
なので、そう言って頂けるとすごく嬉しいです!!
2010/07/12(月) 19:12:20 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
mickeyママ 様
はじめまして。
まだまだお辛い中でのコメント、ありがとうございます。

mickeyちゃんも11歳だったんですね。ご冥福をお祈り致します。
11歳、まだまだ若いですよね。これからですよね。
私も18歳目指して頑張ろうって思ってました。
これから徐々に老犬介護の勉強もしていかなくちゃなんて思っていた矢先でした。

私なんて全然偉くないんですよ。まだまだケンの事で頭が一杯ですし、泣いてしまいます・・・。
mickeyママ様の「全てが結びついてしまう」ってお気持ちもよく分かります。

そんな中で、私の背中を押してくれる一番の力は、やっぱりケンなんです。
日々の生活やちょっとしたエピソードが全て昨日の事のように思い出せます。
ケンの頭を撫でた時の感触、大きな耳のペロンとした感触、ちょっと硬い背中の毛の感触もハッキリと覚えています。怒られた時の神妙な表情も、食べ物を欲しがる時の期待のまなざしも、私の目に焼き付いています。
そして、それは決して悲しい記憶じゃないと思うんです。
もし、これらの記憶を忘れてしまうのであれば、それはとても悲しい事です。
でも、例え身体がなくとも、こんなにしっかりと私の中で生きてるじゃないですか!
それはケンの生きた証であって、悲しむ事じゃない、むしろ安心できる事。
最近になって、ようやくそう思える事が出来るようになりました。
短いけれど、私の1歩です。

mickeyママ様、どうかあまりご自身を責めないで下さい。
立ち直るのにかかる時間は人それぞれ、きっかけも人それぞれだと思います。
急ぐことはありません。
辛い時は思いっきり泣いて、ゆっくりゆっくり少しずつ。
ある時ふと、「私少し前進出来てるかも」なんて思える位でいいと思うんです。
そして、いつかmickeyちゃんに笑顔を見せてあげて下さい。

長くなってしまってごめんなさい。
これからもよろしくお願いします。
2010/07/12(月) 23:17:22 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
来ちゃいました♪
ケンのねねさま

お知らせ戴いて、探して辿りつきました。
リンクして戴いてありがとうです。

ケンちゃんの様子、たっぷり拝見しました。
「あぁ、ここにもこんなにも愛しまれた三毛犬がいる・・・」と
ちょっと泣けました。。。
ばばちゃんと一緒のケンちゃんの笑顔、最高!!

ケンちゃんのお顔みて、この年齢でこの顔立ちはアメリカ系だわ!って思ったら、案の定キャノンボールの血統。
(アメリカ系のビーグルを日本に輸入して繁殖始めた第一世代がちょび。奴はアメリカ系の血統のビーグルが繁殖され始めたはしりのわんこです 苦笑。それまでは日本では猟犬や実験犬用にあまり血統には頓着せずに繁殖されてたの。アメリカ系だとキャノンボール、ランバーやチャードンなどが有名なビーグルブリーダーです。ちなみにちょびはチャードンの血統。キャノンボールの血統を引くコはたくさんいるハズ。)
ケンちゃんの出身県は執事家県だわ♪
タカシマパレスというのは“犬舎(ブリーダー)”名。鶴ヶ島市のタカシマさんという方が繁殖したってことね。
ケンちゃんは15inchビーグルですよん♪13と15というのは種類ではなく、実際の大きさでショーの場合には区別して審査するんです。
同じ犬種なのに、あまりにサイズの差が大きい三毛犬なので、
ちびビー(13)部門とでかビー(15)部門って分けてるってだけです。
ちびビーの両親からでかビー生まれるのもありますし、同腹の兄弟でもでかビーとちびビーいることも@@
なので、パピーの時には分からないんです、どっちになるかは。
そのことを知らないショップが親がちびビーだったから、子供もちびビーってことで13って書いちゃったんじゃないかしら(笑)
実際、ショップでは15は人気なくって、13が人気。
そもそもアメリカ血統入れたのもちびビーを出来るだけ多く繁殖させるためっていう目的でもあったので。
でも、本来のビーグルらしさってのは15インチでないと!って説も三毛犬愛好者には多いんですよ♪

だから、異常成長じゃーないわよん(爆)
多種多様なのが三毛犬の魅力のひとつでもあるかも?
謎がちょっとは解けたかな?


ちょびが旅立って1年半。記憶は確実に薄れて行くし、いないことが当たり前になった日々なのですが、
それでもなお、ふとした時に、どうしようもなく寂しくなります。
自分にとってどれほどの宝物だったかって思い知ります。

これほど、愛しいなんて、たかがわんこなれど、「あっぱれ!」と思います(笑)

人より短い命なのがわんこ。それは定めですから。
そう思えば、愛しい彼らと出会えて、その犬生をまるごと
愛しんで、愛しんで、見送れたってことは
本当に幸運なことなのだと思います。
姿はなくとも、彼らが私達の「一番の愛犬」であることはずっとずっと変わらないのですから・・・。

るるやアルトも勿論執事にとって愛しい執事犬なのですが、
でもね、彼らの犬生を考えると、やっぱりね、執事は切ないんです。。。
執事は見送っただけですから・・・・。
彼らの犬生ぜんぶ、愛しんでやりたかった!!と思わずにはいられないから・・・・。

犬生全部、愛しまれて、旅立てるわんこは本当に本当に一握りしかいないから。

だから、ケンちゃんに逢えて、とっても嬉しかったデス。
そして、愛しんだ相棒亡くした仲間であるねねさんと出逢えてとっても嬉しいデス。

今の執事の原点は、
“1Coin”の原点は、
目一杯愛しんだ、愛しまれるべき命だったちょびがいたからこそですから。
ねねさんにとってのケンちゃんと同じように。

どうぞ、これからも仲間でいて下さいね♪長くなっちゃった、ゴメンナサイ(汗)
2010/08/23(月) 05:17:29 | URL | 執事 #t50BOgd.[ 編集]
執事 様
コメント、ありがとうございます。
執事様にこのブログでコメント頂けるなんて、夢にも思ってませんでした。
芸能人に会った一般人?みたいな感じです(*^。^*)
URL載せるのも何か催促してるみたいで(笑)申し訳なかったんで載せなかったんですけど、余計にお手数をお掛けしてしまってスミマセン(汗)最初から載せておけば良かったですね。

ビーグルの事、飼ってはいても全然詳しいことが分からなくて、今回初めて知った事ばかりです。
いろいろ教えて頂いてありがとうございます。
サイズが、育ってからのお楽しみなのは安心しました(笑)
私はてっきり生まれた時から決まってる「種類」だと思ってたんです。
ケンが13だったら、15の子はどんだけデカイの??って(汗)これでスッキリしました!

記憶って、いつまでも留めておければいいのに、どんなに忘れたくなくても少しずつ薄れていってしまうんですよね。
だから、少しでも多く記録に残しておきたいんです。
ブログを始めてから、他の方のブログをいろいろと読んで、つくづく「もっと早く、ケンが元気なうちに始めれば良かった!」って後悔してます。もっともっと、何気ない日々を残しておきたかった!
でも、それは叶わないんで、今まで撮りためた古ーい写真まで引っ張り出して頑張ってます(笑)

今まではずっと、ケンの犬生を「何でそんなに短いの?」としか考えられませんでした。
でも、そうですよね。
生まれてから旅立つまでの犬生まるごと愛せたことは、すごく幸運なこと。
何かしらの理由でそれがかなわない人や犬もいるんですよね。
またひとつ、執事様のお言葉に救われました!

るるさんやアルトさんだって、もしかしたら一生愛される事がない犬生だったかもしれない。
でも、執事様が手を差し伸べてくれたから、愛を知ることが出来たんじゃないでしょうか。
例え短い時間だったとしても、その時間は彼らに一生分の幸せを運んでくれたと思うんです。
なんて、生意気な事言ってすみません(>_<)

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

2010/08/24(火) 01:03:11 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。