2010年3月、虹の橋へと旅立ったビーグル犬『ケン』のお話し
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


別れから半年
2010年09月03日 (金) | 編集 |
早いもので、ケンが虹の橋へ旅立ってから今日で半年になります。


正直、私にとっては とてもあっという間に過ぎた6カ月です。

"普通は遅く感じるものじゃないの?”と思われるかもしれませんが、
6カ月前に起きたことは、私にとって、つい昨日の事のように感じるのです。


だからと言って、何も手に付かないほど沈んでいるワケではありません。
何と言ったらいいのでしょう…。今はとても自分でも不思議な感覚なのです。

気持ちもかなり落ち着きましたし、ケンのいない生活に慣れてきてもいます。
朝 会社へ行く前と、夜 帰って来た時に、祭壇にお参りするのも日課になっています。


  祭壇(8月) 現在の祭壇

  お墓 お盆の時のお墓

しかし、時々ケンがいないという事を一瞬忘れているようで、ハッと気付いて胸が痛くなったり、
無性にケンに逢いたい、触れたいと苦しくなったり。
特に入浴中とかで自分一人の世界にいる時は、必ずと言っていいほど最期の事を思い出します。

頭では理解出来ているのに、心が付いて行けてないとでも言うのでしょうか。



ケンは、腎不全から来る尿毒症にかかり、
また、リンパ腫も右脇の下から のど・肺に転移していました。
最期は発作を起こし、呼吸困難により悶え苦しんだ末に旅立ちました。

"発作を起こした時のための薬がある”という事は、他の方のブログを読んで、
かなり後になって知った事。
他にも病魔と闘っているワンちゃんのブログから、ヒントはたくさんありました。

もっと早くブログを始めれば良かったと、残念でなりません。


  祭壇(3月) 当時の祭壇


でも、このブログを始めたこと自体は、とても良かったと思っています。

自分でも、ケンとの思い出を振り返り 幸せな気持ちになる事ができますし、
いつもコメントを下さる方、訪問して下さる方から
たくさんの勇気と元気をもらう事が出来ました。

もし、ブログを始めていなかったら、まだ今よりもっと辛い気持ちでいたと思います。

皆さま、いつもいつも本当にありがとうございます。


このブログは、おちゃめで天然だったケンに合わせて、
半分お笑い(?)のような明るいブログにしようと決めて始めました。

ケンの旅立ちを ただ悲しい事にせず、楽しい想い出がたくさんのブログを目指して、
これからも頑張って行きたいと思いますので、どうか皆さま、これからも温かく見守って下さい。

これからもよろしくお願い致します。



2010年9月3日



  おやつ取って~
誰か~、ねねの話なんていいから、そこのおやつ取って~




 いつもありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ 

 これからもよろしくお願いします  
にほんブログ村 犬ブログ 犬 思い出・ペットロスへ
にほんブログ村

ボクもがんばるよ!



スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
頑張りましたね!
ねねさんの想いが伝わってきました。
ケンちゃんのお別れの時の情景を思い出すのも苦しいのに、半年と言う期間をひとくぎりにしてお話してくれたんですね。
いつも楽しいケンちゃんとの掛け合いのブログで、楽しんで見てますが、ブログを書く=ケンちゃんを思い出す。と言うことで私にはできないことかもと正直思います。でも、書くことによって、ねねさんはもちろん、ブログを見てる私たちも”こんな面白い子がいたんだね”生まれてきてよかったね、ねねさんと出会えてよかったね、と心から思えます。なにより、振り返ることにより、幸せな気持ちになれるのは、ケンちゃんとの楽しい時間がいっぱいあったんだと思います。ケンちゃんは虹の橋の上からねねさんの事をずーっと見守ってますよ。
僕の事、面白くて、かっこよくて、かわいかったよ、とちゃんとみんなに知ってほしいな!って。
2010/09/03(金) 09:22:40 | URL | ポキママ #-[ 編集]
初めまして
ブログ村ビーグルより、ケンちゃんとの日々を綴るねねさんに惹かれて
訪問させて頂きました。
わたしも愛犬ベルとお別れして3ヶ月と少し過ぎました。
ブログに綴られている内容を読みながら、うんうんと頷いたわたしです。
入浴中に思い出す光景や腎不全のこと、自分のことと重なります。

ケンちゃんのこともっと知りたいな♪
もし、よろしければリンクさせて頂けますか?
よろしくお願いします。
2010/09/03(金) 14:14:21 | URL | りんごの木 #XMatgrFs[ 編集]
自分も
やっぱり何ヶ月たとうが割り切れないですよね、
自分もまだ、あ、いないんだ、、という事があります。その時はまた一段と逢いたくなりますしね。大切な家族だったから。
2010/09/03(金) 21:39:47 | URL | ひっさ #-[ 編集]
ポキママ 様
温かいコメント、ありがとうございます!

ケンの最期については、いつかきちんと記録に残そうと思っているのですが、今の私にはこれが限界でした。
でも、必ずいつかはもう少しきちんと まとめたいと思っています。

“こんな面白い子がいたんだ”ということは、今私がとても伝えたいことなんです。
「何で?」とこちらが言いたくなるような、意味不明な行動が多かったり、本当に面白い子でしたから。
なので、それがきちんと伝わってくれていたことは、とても嬉しいです。

当時は吠えてばかりいるケンに対して、腹の立つこともありましたが、今となってはそれも楽しい思い出になっています。
「もっともっと一緒に遊んであげればよかったな」とか、後悔もありますけどね。
なので、ポキママ様も、傍らのポッキーちゃんとたくさん遊んでたくさん思い出作って下さいね。
(あ、言われなくても既にしてますよね・・・(^_^;))
2010/09/03(金) 22:35:21 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
りんごの木
はじめまして。コメントありがとうございます。

私もりんごの木さんのブログ、拝見させて頂きました。
こんなにも私と同じ気持ちの方がいらっしゃるなんて!
私も頷きながら、涙しながら読ませて頂きました。
ベルちゃんも腎不全だったのですね。
11歳という年齢も一緒ですが、ベルちゃんの可愛い白いお顔もケンと一緒です(*^_^*)

リンクの件、私なんかのブログで良ければいくらでも(?)お願いします。
私の方こそ、りんごの木さんのブログ、リンクさせて頂いても宜しいですか?

またそちらに遊びに行かせて下さい。
これからもよろしくお願いします。
2010/09/03(金) 23:14:45 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
ひっさ 様
割り切れないですよね・・・。
私の場合、「悲しい」という気持ちの他に「後悔」も多いんで、
多分、この後悔はこれからもずっと忘れられないんだと思います。

夢から覚めて、「あ~夢で良かった」と思えたら。
ゲームのようにリセットできたら。
時間を巻き戻せたら・・・どんなに嬉しいでしょう。

ひっさ様のおっしゃられるように、「大切な家族だったから」こそ辛いんでしょうね。
2010/09/03(金) 23:25:00 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
アディオスって言ってみる!
さようならって、日本語
ちょっと淋しいヒビキなので、、
ラテンに、「アディオス」って言ってみました!
ケンさんに届いてるかなぁ~

こんなステキな祭壇やお墓があるなんて、、、
ケンさんは家族以上に愛されてたんですね。。

今日、NHKの番組で、あのっ官能タレントのすぎもとあやが、
愛ネコの死を通して、
自分が、死と向き合う尊い経験をさせて貰った。感謝してる。と語ってました。
そして、その様をきちんと受け止め、
死にゆく1年は、写真1枚の撮り方も、
考えながら、大切に撮りためたっと話してました。

お風呂の中で、
かつて、アタシも軽いウツになった時、
泣いた事を思い出します。。

ありがとう・・と言って、泣いてあげてね!
ケンさんも、その方が喜ぶと思うよ

パピねぇさんより☆
2010/09/04(土) 00:08:15 | URL | パピねぇさん #-[ 編集]
パピねぇさん 様
まさに家族以上に愛されているヤツです。
我が家では優先順位が一番高いっ!
それは、今も昔も一緒です。

私は、「死」というものに直面した事がなく、ケンが初めてでした。
最期をどう迎えさせるか、当然、生まれて初めて考えたことです。
考えたものの、あまりに時間が短く、私の中での結論すら出ないうちに旅立ってしまいましたが。

私達家族に幸せと安らぎを与えてくれたケンには、何度「ありがとう」を言っても足りないくらいです。
でも、あまり言うと、調子に乗るかなぁ???(笑)
2010/09/04(土) 00:32:03 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
ちょうど一年前に ワカメの乳の腫瘍の手術をしました。
その時は もしかしてこれが悪性ならば 長く一緒にいられなくなると思い
とても悲しい想いをしましたが 幸いにも良性と判断されて
喜んでいましたが これを機に 大切なものを学んだ気がしました。
2010/09/04(土) 22:28:18 | URL | ワカメパパ #-[ 編集]
ワカメパパ 様
ワカメちゃんの手術の記事、以前拝見致しました。
ワカメパパ様の、ワカメちゃんへの心配するお気持ち、
愛情がすごく伝わって来たのを覚えています。
お腹の手術痕は見ているこちら側もとても辛かったですが、
買い物袋の即席レインコートはなかなか可愛かったですよ(*^_^*)

いつかは必ず訪れる別れですが、その時に悔いが残らないよう、
1日1日を楽しく大切に過ごせたら良いですよね。
2010/09/06(月) 17:22:00 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。