2010年3月、虹の橋へと旅立ったビーグル犬『ケン』のお話し
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リンパ腫
2010年11月15日 (月) | 編集 |
こんばんわ。全身筋肉痛で、動きがカメ以上にトロイ ねねです。

土曜日に、1日中草取りしてたのが効いたらしいデス



さて、今日はこの写真について。

    脇の下

この写真を見て、皆さんお分かりでしょうか。

右脇の下周辺の膨らみ

    脇の下2 青丸の所です

これは、ちょうど1年前、2009年11月15日の写真です。


で、こちら ↓ は、2007年春の写真。

    脇の下3

違うアングルなので分かり難いかもしれませんが、膨らみはありません。


これが何かと言いますと、『悪性リンパ腫』です。

最初の頃は、ゴルフボールにも満たない大きさの、コロッとしたものが脇の下に出来ている程度でした。

当時、先生の診断結果は「脂肪の塊」。

ただし、記憶が定かではありませんが、先生には「今後どう変化してくかは分からない」と言われていた様な気がします。

実際、脂肪の塊だったものは、年月を得て知らぬ間に悪性のリンパ腫に変化しました。

大きさも、水風船を入れているかの様な大きさに・・・。


ケンが亡くなった時、このリンパ腫は脇の下だけでなく、喉、肺にまで転移していました。

腎不全に加え、リンパ腫まで・・・

ケンはどれだけ苦しかった事でしょう。

実際に、リンパ腫のある右側を下にして寝ることはほとんどありませんでした。

でも、それに気付いたのは、助かる見込みがないと知ってから。

脇の下の膨らみが大きくなってきている事に気付いていながら、今まで何度も病院に通っていながら、何でなにもしてあげられなかったんだろう!!


こんな飼い主、本当に飼い主失格ですよね。

毎日一緒にいて、私達はいったいケンの何を見ていたのか・・・

今更、そんな事を言ったってしょうがないって分かってるんですけど、

でも、だからこそ言いたいんです。



愛犬の、ほんの少しの変化に気付いてあげて下さい。

毎日、常に、愛犬が何を伝えようとしているか、その気持ちをくみ取って下さい。

言葉で「痛い」「辛い」と伝える事は出来ないのですから!



今回は、この写真に写っているケンの脇の下の膨らみに気付いてから、いつか話そうと思っていたことをお話しさせて頂きました。

週明けから重いお話になってしまってスミマセン


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
哀しみをのりこえて
借金でくびが回らない・・パピねぇデス(笑)
(これは、オシャジのっ酒場ギャグだわぁlv-40

経ケンしゃだから、言える事ってあるよね
アタシは、病気ワン子と同居した事がないので、
今回のペコちゃんの骨折では、すごく学んだ事も多かった。
愛ケン家に失格なんて、いないヨ!
ねねさん、失格飼い主なんかじゃなかったヨ。
でなきゃ、こんなに沢山の想い出foto出てこないもの・・

ねねさんの教訓も、メモリーしておこう。。
ガックシ飼い主なアタシは、
ゆうしゅうな愛ケン家の、アドバイスで日々成長です・・・

パピねぇさんより☆
2010/11/15(月) 01:50:14 | URL | パピねぇさん #PKEetxYM[ 編集]
運命って?
ねねさん
運命ってどう思います。
一度だけ変えることができるって言われたら。
1975年7月6日13時10分ころ私あの世の手前
そう、三途の川の真ん中あたりまで私行きました。
でもたくさんの人のおかげで、こちらに戻れました。
ま~悪運が強いって言い方もできるかな。
「脂肪の塊」
って言われて、じゃ~組織検査ってできませんよ、けんくん
痛い目に合わせるし、世にいう愛犬家ってなに?
ねねさんこんな素晴らしいブログたちあげて、がんばってる
姿、ケンくんは虹の橋から見守ってるよ。
昨夜は「獣医ドリトル」見てました、なかなかテーマも面白い
と思いますが・・・。
2010/11/15(月) 09:30:28 | URL | ウッドチッパー #mjLbdPQ.[ 編集]
大変な病気だったんですね。
わんこは言葉で教えてくれないから
日頃から気にはしてるんですけど
やはり、小さい時からかかっている
獣医さんの事は信用してしまうし
脂肪の塊と言われたら納得してしまいます。
後悔はしたかもしれないけど、こうやって
みなさんに病気で亡くした子の経緯を
ブログで伝えてそれによって飼い主が注意しなければ
と思ってくれる。ケンちゃん、ねねさんが教えて
くれて助かってる人がいると思います。
辛いのに伝えてくれてありがとうございます。
2010/11/15(月) 14:25:56 | URL | ポキママ #-[ 編集]
パピねぇさん 様
にゃはっ♪ 借金で首が回らない・・・私もよく使うギャグですわi-278

本当は、もっともっと頑張るケンをサポートしてあげる「経験」が出来れば良かったのだけど・・・。
ダメダメ飼い主として、皆さんには反面教師になれば!

ペコちゃんの骨折も、“経験したことない”事をパピねぇさんはよく頑張ってらっしゃいますよね。
パピねぇさんなりの工夫とか努力とか、ブログからすごく伝わってきます。
もちろん『愛』もネi-234
2010/11/15(月) 21:43:46 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
ウッドチッパー 様
運命とか、ろうそくの長さとか、いろいろありますよね。
私はウッドチッパー様のような経験はしたことないですけど、でもケンは私に「生」と「死」を初めて身近に感じさせてくれました。
手術させる?させない?
最期まで病院を頼る?家で看取るのを覚悟する?
安楽死させる?させない?
10人いれば10人の価値観がありますよね。
自分の中でさえ答えを見付けられていないこともある・・・。
このブログは、ケンの事をもう1度見つめ直す事にもつながっているのかもしれません。

ドリトル、昨日チラっと見ました。
けっこうしっかりした内容なんですね!
2010/11/15(月) 22:09:55 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
ポキママ 様
ケンのこと、ちゃんと見ていたと思ってたんですけどね。
一緒にいるのが当たり前になり過ぎて、大切なものを見落としていたのかも…。

本当は、“闘病生活の経験”を伝えることが出来れば良かったんですけどねi-182
でも、ケンが私に与えてくれたいろんな事を、少しでも伝えることができれば!
それがほんの少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

いつもポキちゃん達に癒されているだけでなく、時にはお役に立たないとネi-234
2010/11/15(月) 22:26:16 | URL | ケンのねね #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。